身長が伸びない高校生に考えられる原因について

高校生は心身ともに成長する時期ですよね。
早ければ中学生から成長期に入りますので、この間には体が大きく成長をするようになります。
男女関係無く身長が伸びる時期ですし、伸ばせる限られた時期でも有ります。

 

が、、、

 

身長が思うように伸びないことで悩む高校生もいるようです。
高校生と言うのは成長出来る時期であるはずなのに、どうして伸びないのでしょうか。

 

伸びないと言うのもまったくなのか、思っている以上に伸びてくれないのかでも変わってきますよね。

 

思ったよりも身長が伸びない場合...

 

一応数字では伸びているけれども、思っていたほど伸びていない場合には、生活習慣が悪い可能性も有ると思います。
例えば夜更かしをしているとか、外にほとんどでない、お菓子ばかり食べていると言うのは身長を伸ばしたいならNGな行為です。

 

夜更かしはしないで早めに寝る
運動は出来る限りする
何でも食べる

 

というのは、身長を伸ばすために大事なことだとされています。
夜更かし等をしているならば、それが原因で思ったより身長が伸びないのかもしれません。
特に深夜の時間帯が成長ホルモンの分泌量が増えるそうですので、早寝をするというのは鉄則とも言えそうです。

 

本当に伸ばしたい願望があるならば、骨端線が閉じていないかどうかも病院でチェックすると言うのも有りだと思います。
もし閉じている場合は、正直何をやっても厳しい状態になっていると言えますしね。

 

明らかに身長が伸びない場合...

 

身長に関しては伸ばしたい願望があり、上述した身長を伸ばすための鉄則を守っても身長が伸びない場合はどうなのでしょうか。
もし明らかに伸びない、身長が低いというのであれば低身長という可能性も出てくるかと思います。

 

高校生が身長を気にするのは変ではありませんから、気になるようであれば病院に行くのが良いと思います。
低身長だった場合には早期の方が結果も出やすいそうですからね。
ネット上には低身長に関しても色々な情報が書かれていますが、これに関しては、やはり専門家の人に見てもらうのが一番だと思います。